通が読むデコの特徴
POINT792×4とは?

室内壁に『腰壁パネル』を貼ることで、装飾性がアップし豪華な空間になります。
ただ・・・定番の様にリビングとか玄関ホールとか、決まった所に貼るだけならデコらしくありませんよね。
例えば、ニッチやカウンター下など、ちょっとした部分で活用すると、さりげない『お洒落』を楽しむ事が可能となります。
無塗装材を使用する事で木の雰囲気を表現したり、イメージに合わせ様々な色でコーディネートする事も・・・
コーディネートの幅が更にUP!

POINT79

表と裏面の両使いができるリバーシブルタイプのパネリングです。
表裏で貼り上がりの表情の違いが楽しめます。
表面はビード加工が組み込まれた流行のデザイン。
裏面は目透かしが入ります。両面ともプレーナー加工が施されています。

POINT79

壁の装飾として、主に腰壁に使用。
床の色や壁の色、空間のイメージに合わせて塗装。

<<施工例>> 目透かし加工パネル アンティークホワイト塗装

POINT79
POINT79

木の『温もり』を感じながら・・・アンティーク感・ナチュラル感・手作り感など様々なテイストにも対応出来る『パネリング』
デコ流『空間デザイン』・・・また1つトッピングしてみませんか?