通が読むデコの特徴超高気密・高断熱住宅   
 2×4とは?


建築基法に準じた地盤調査の結果を
第三者である※シールドエージェンシーが評価し、
適格な基礎仕様をご提案すると共に、
不同沈下に対する責任を保証

(※シールドエージェンシー:「地盤保証」を中心に住宅関連の各種サポートを業務として、地元の建設会社(工務店)を通じてお施主様の「住まい造り」のサポートを行なう第3機関会社。

地盤については、土木技術者と違い、建築工事の全工程における地盤関連工程の割合は、最初と最後の少し。万が一、判断・施工ミスがあって不同沈下等を起こしてしまった場合は、莫大な補修費用(ジャッキアップ費用など)が発生してしまう。建物を支える地盤をしっかりと確保するために、地盤調査後、結果数値解析を行い安心出来る地盤の確保が必要。
インターデコハウスの地盤保証は「不同沈下への対策」と「万一への備え」の両輪で、お施主様の暮らしを守る地盤保証システム。建築予定地の地盤を、多角的に調査・解析して「最適な基礎工事仕様をご提案」し、20年間・最高5,000万円までを保証。
地盤保証システムは、不同沈下が起きてから保証するものではなく、徹底した調査と解析により不同沈下を起こさないためのシステムで、いわば地盤の検査機関のようなもの。建物検査は、住宅事業者様の施工が適正かをチエックすることが目的ですが、地盤調査システムではどのような基礎が適正なのか、改良工事は必要なのかを提案するために地盤調査を施し、データを解析。さらに、万一の不同沈下の際は、その責任を負うために保証を設定。つまり、お客様の財産を守るため、第三者的な立場で地盤に対して住宅事業者の代わりに地盤業務をその責任まで含めて請負うことが地盤保証システム。
 
地盤保証システム業務フロー
調査
不同沈下の危険性は、地盤調査によって得られた数値データだけでは判断できない。シールドエージェンシーでは、数値はもちろん立地条件・周辺環境・土質なども踏まえ、多方面からの調査を提携調査会社に委託。


スウェーデン式 サウンディング試験
解析・提案
各調査データを総合的に解析し、該当建物と地盤にとって最適な基礎仕様をご提案。提案に従った基礎仕様の施工が地盤保証の条件となる。
対策
解析の結果、軟弱地盤など不同沈下の危険性が認められた場合、基礎の補強工事や地盤改良工事が必要。
保証
建物お引渡し日から20年間、ひとつの事故につき最高5,000万円までを保証。

保証期間 対象建物引渡し日より20年間。
保証額 ひとつの事故に対し、最高5,000万円まで。
保証内容 不同沈下に起因する建物の損害に対する、原状回復のための補修工事ならびに補修期間中の仮住居費用等。

『万が一の備え』に対し
20年地盤保証システムが
 さらなる安心をご提供…。