通が読むデコの特徴超高気密・高断熱住宅   
2×4とは?

「家族が安心して暮らせる家、それが条件。」
                
《ウィルスボ配管システム 3つの特徴》

■架橋ポリエチレンパイプ+サヤ管
〇錆が発生する心配がなく、
 いつでもクリーンな水を供給できる。
 伸縮性が高く凍結しても膨張による破損がない。
〇万一、架橋ポリエチレンパイプが破損してもサヤ管に守られているため、
 水漏れなども最小限に留めることができ、
 交換は架橋ポリエチレンパイプだけで済む。
○腐食の心配もなく耐久性は50年以上。
○結露の発生を抑え、湿気による躯体への影響もない。
○パイプの内側はなめらかで伸縮性があるため、
 流水による衝撃音が少なく静か。



■パイプが隠れている部分
○基本的に壁内には継ぎ手を使用せず、
 パイプだけが通る仕組みなので腐食もなく、
 大掛かりな交換作業の不要。
○継ぎ手が少なく施工も簡単。交換作業などのコストダウンに。


■パイプが露出している部分
○サヤ管がなく半透明の架橋ポリエチレンパイプを露出させることで
 水質チェックも簡単。水やパネルラジエターの異常も確認できる。



◎特許
クイック&イージー

 火や接着剤などを用いることもなく、パイプと継ぎ手の接続は専用工具で差し込むだけなので工事期間も短縮。高い密着性で耐圧試験もクリアし、その簡単な施工システムと品質の高さで特許を取得。


◎ヘッダー工法
 ヘッダーから書く給水箇所まで分岐することのない配管経路を構成。
 同時に複数個所で給水しても水量変化を少なく抑える。


確実な施工システムとヘッダー工法により、
              快適な使い心地を実現!