通が読むデコの特徴超高気密・高断熱住宅   
世界中でテスト済み最強屋根材 2×4

〈その名はローマンルーフィング〉

写真
ローマンルーフィングは錆に強いガルバリウム鋼板の上に磁器の着色と同じ組成の釉薬にて着色(1200℃の高温酸化焼成)した石粒をコーティングし、自然な風合いを生かしたインターデコハウスのオリジナル屋根材。高級感に加え、抜群の安定性。全天候対応型で、世界中の厳しい天候でテストを行いその品質が保証されている。

写真

◆ 品質30年有限保障(美観10年保障)
 ひび割れ、塗装が剥離するということがない! 30年有限保障(美観10年保障)を提供。最高の防錆力を発揮するガリバリウム鋼板をプレス成形加工し、表面をプライマー塗装で保護。その上に独自に開発した接着層である特殊アクリル塗装を二重にコートしてストーンチップを付着させ、さらに焼付けてあるため極めて塩害に強く優れた耐候性と耐磨耗性を発揮する。
◆ 耐震性・軽量性
 7kg/平方メートルと軽量で、他の屋根材と比較してもスレート瓦の1/3、日本瓦の1/7という軽さで構造体への負担も格段に小さく耐震性にも優れる。
◆ 音も静か(瓦と同等の静かさ)
 金属で出来た屋根材は雨音が気になるというのが弱点。ローマンルーフィングは屋根材表面の細粒天然石が雨音を吸収・拡散し抜群の遮音性を実現。また裏側もエアーポケットの多いジョイント構成のため残響が防止されるので、室内は静かで快適な環境を確保する事ができる。
◆ 断熱性能
 鋼板と天然石の複合効果により、材料の温度上昇を低く抑え速やかな放熱が実現。また屋根材と野地板の間に空気層が生まれるため、材料の通気にもなり高い断熱性を確保。カビによる野地板の腐食が防げるだけでなく、野地板が呼吸できるので密着している屋根材と比べて木材が格段に長持ちする。
◆ 耐風圧性
 多くの屋根瓦が垂直方向のみの固定方法なのに対し、ローマンルーフィングは屋根材本体を垂直・水平方向に連結する独自のインターロック工法により屋根全体でがっちりと堅結され一体となる。強風に強く、台風による屋根のめくれや飛散がないばかりか大雨・大雪などの激しい気象状況にも高い安全性を発揮する。

写真 ローマンルーフィング施工現場

写真
ヨーロッパの街並み