通が読むデコの特徴超高気密・高断熱住宅
スペイン発内装ぬり壁 2×4

ユーロハイデコウォール
インターデコハウスのLDK内壁にはエコロジーな天然素材を使った塗り壁が標準仕様。スペイン・オザカ社のユーロハイデコウォールはヨーロッパで話題の「おしゃれなインテリア」塗り壁テクニックを採用。スペイン・ユーロハイデコレーションウォール、デコならではの室内用塗り壁。

写真

写真

1.
これがデコならではの室内用ぬり壁。水溶性材料なのでエコロジー。「風格のある美しさ」や「時代を経た美しさ」を演出。












2. インターデコハウス本部入口の壁もユーロハイデコウォールを施工。 光の当たり具合で微妙に陰影が出る。

3.
カラフルなユーロハイデコウォールの色見本。

◆ 天然素材だからとってもエコロジー
 原材料は天然素材の繊維質セルロースで、ホルムアルデヒドやVOCに分類される有機系化学物質が一切含まれない水溶性材料から成るエコロジー商品。
◆ 表情豊かな仕上げ
 漆喰状(プラスター)の白い材料でダイナミックにアーティスティックに壁全体を覆い、さらに専用ワックスにシステムカラーリングで着色重ね塗りすることで「風格ある古さ」や「時代を経た美しさ」の雰囲気を演出。
◆ 防音・断熱性・調湿性能
 ブリッサシステムの原材料であるセルロースファイバーは1本1本の繊維の中に存在する自然の空気胞と、様々な太さの繊維が絡み合う事によってさらに多くの空気層を作り、熱や音の伝導率が低く防音性・断熱性に優れた特徴を持つ。そればかりではなく、その多孔性が空気を自由に通し、自然に空気の清浄化を行って、吸放湿する性質があり、防露性にも優れているなど、様々な特徴を兼ね備る。
◆ オザカ社とハイデコレーション市場
 ハイデコレーション市場ではヨーロッパで毎年2桁以上の成長を示し、その市場の中でもトップメーカーに位置するオザカ社はイベリア半島(スペイン・ポルトガル)市場において3割以上のシェアを誇る。
◆ 施工方法
 施工は石膏ボードの目地をジョイントテープとパテで処理した後に専用プライマーをローラーで2度塗りして下地をつくる。乾燥後、専用プラスチックのコテでブリッサベースを思い思いの形に動かして仕上げる。施工後24~48時間で乾燥し専用ワックスのセラブリッサと着色料のカラーエッセンシアを混ぜ、専用プラスチック板で伸ばして色の濃淡をつける。プラスチックの代わりにガーゼなどを使うと違ったテクスチュアにできる。

インターデコハウスならではの『内装塗り壁…ユーロハイデコウォール』をぜひデコギャラリーにて体感して頂きたい。