ペットホテルを兼ねた家

西日本最高峰の石鎚山を望む愛媛県新居浜市。奥様はペットホテルとサロンを経営。2匹の飼い犬と共にのびのびと過ごせる広いガーデンとウッドデッキを設えた、イングリッシュスタイルのお宅です。


庭の向こうにあるウッドデッキは、ダイニングからも出られるようになっています。


インターデコハウスの家を建てたきっかけを教えてください。

この家を建てる前も戸建住宅でしたが古かったので、10年ほど前から家を建て替えたいと思っていました。とはいえ、なかなかきっかけがなく、また、ピンとくる家も見つかりませんでした。そんなある日、たまたまインターデコハウスの家を知り、なんとなく資料請求してみたのです。
するとお隣の香川県からわざわざスタッフの方が訪問してくれて、そのまま意気投合。初対面なのに、1時間ほど住宅の話で盛り上がりましたね。
最終的には、妻がデコのデザインを気に入ったことが決め手となりました。

家づくりでこだわったところを教えてください。

妻が、ペットホテルとサロンを経営していることもあり動物好き。ペットホテルで預かった犬を夜に自宅に連れて帰り、専用のゲージで休ませるためのスペースを玄関そばにつくりました。そこからすぐにウッドデッキや庭に出られるので、ストレスもたまりません。もちろん、庭の周囲をウッドパネルの塀で囲んでいるので、犬が外に飛び出せないようになっています。
ウッドデッキや庭は、うちで買っている2匹の犬たちもお気に入りです。

間取りでこだわったところはありますか。

1階は、犬の居住スペースやウッドデッキを広くとったため、私たち家族はおもにダイニングで過ごしています。限られたスペースですが、天井を高くしたことでかなり快適です。
2階には3部屋ありますが、1部屋は階段を上がった廊下を兼ねてスペースを広くとりました。ここに壁一面に本棚を設置してテレビを置き、ファミリースペースとして使っています。このファミリースペースはベランダに続いているので、実際の面積よりも広く感じられます。


庭を囲むウッドパネルの塀に、

ガーデンの水場もヨーロピアンテイスト。


2匹の飼い犬もデコの家でのびのびと暮らしています。


住み心地はいかがですか。

以前、住んでいた家では、食事を終えるとすぐに自室にこもっていました。この家では、ダイニングや和室が自分の居場所。食後は、テレビを観ながら犬たちと一緒に過ごすことが多いですね。ダイニングにいると、自然に家族の会話も増え、以前に増して団らんの時間が増えたと思います。また、飼い犬も今までは寝てばかりでしたが、この家では和室で昼寝をしたあとにデッキに出て走り回ることができるので、運動不足が解消できたようです。

最後に、インターデコハウスの家を考えている方にメッセージをお願いします。

見た目だけでなく、機能面でも満足できる家です。とにかく、山が近い地域で暮らす私たちにとって暖かい家はなにごとにも代えがたい場所です。


担当者からひとこと

ペットホテルをされているだけに、ワンちゃんをモチーフにした飾りつけがいっぱいのI様邸。ドッグヤードも、これから奥様の大好きな花を植えて華やかにしていく予定なのだとか。近いうちに・・・是非『オーナーズ・ショップリスト』で御紹介させて頂きますね!