築26年のマンションをデコ風にリノベーションした家

分譲マンションに、住みながら本格的な輸入住宅の開放感や上質さを感じたい。築26年のマンションを、現在のライフスタイルに合わせて、デコならではの異国情緒溢れる素材をふんだんに使いリノベーションされたH様御夫婦のお宅を訪ねました。


かつての『和室&リビング』が…一つの空間に大変身!


奥様の想いが見事『カタチ』になったアイランドキッチン!

廊下に突き出さない省スペース仕様の扉


マンションをインターデコハウスの家にリノベーションしたきっかけを教えて下さい。

このマンションは26年前に購入した3LDKでした。子どもが独立するまでは、家族4人で住むのにちょうどよい間取りでした。今は夫婦2人になり部屋の数も少なくて済む様になった事と部屋の老朽化を感じ、このマンションをリノベーションする事にしました。新築マンションに引っ越す事も考えましたが、マンションは既製の間取りなので、子ども部屋が必要ない私達にはしっくりこないと考えていました。ここが住みやすい場所という事もあり、やっぱりここに住もうと決めました。そこで、娘夫婦が長年務めているインターデコハウス高松東店に設計施工をお願いする事にしました。

リノベーションにあたり希望したことは何ですか。

なんといってもアイランドキッチンです。場所を取るので半ばあきらめていたのですが、インターデコハウスの特徴であるタイルとアイランドキッチン、塗り壁はぜひ実現させたいと思っていました。
また、当時のマンションで定番だった3LDKの間取りを思い切って変えてしまい、広いリビング&ダイニングと寝室のみにしました。

工夫したところを教えてください。

このマンションは天井が低いため、出来るだけ広々とした空間づくりを心がけました。色は、かつてのダークブラウンから明るいホワイトに統一して開放的な雰囲気に。照明はシンプルなものを高い位置に設置して、梁をわざと出すことで、天井を一段高くしてもらいました。白い空間にアイアンのカーテンレールを設置するとインパクトが強くなるので、あえて白くシンプルなものにしました。


玄関ニッチ、ガラスブロックest…!『デコらしさ』を至る所で演出!


出窓にもタイルを採用して、『統一感』を出しています。

まるでリゾートホテルの様な…センス溢れる洗面所スペース


住み心地はいかがですか。

毎週、娘や息子夫婦が食事に訪れるので、大人数でも快適に過ごせる広いリビング&ダイニングは重宝しています。部屋2つ分をリビングに変えてしまったので夫婦2人で一緒にいる時間が増えました。また、キッチンのタイルもステンレス製に比べると目地の汚れが気になりますが、定期的に漂白剤でお掃除すれば大丈夫でした。また、機能面では2重サッシなので結露もなく温かいです。

最後に、インターデコハウスの家を考えている方にメッセージをお願いします。

インターデコハウスの家は特徴的なので、輸入住宅が好きな方には本当に気に入ってもらえると思います。


担当者からひとこと

当社女性スタッフの御両親様宅で・・・何と、四国初『デコリノベーション』をして頂いたH様邸。取材の際に改めて見せて頂き、築27年目のマンションとは思えない素材感溢れる仕上がりに・・・再度ビックリ!また、毎週金曜日の夜には家族が集まって、食事をするのだとか・・・まさに『理想の家族』!これからも、家族で仲良く暮らして下さいね!