2度目のデコの家はアルルの家

築30年ほどの家々が並ぶ住宅地で、ひときわ大きく目立つ白亜の邸宅。リフォームや引っ越しではなく慣れ親しんだ土地で家を建て直すことを選んだF様ご家族を訪ねました。


御家族お気に入りのリビング&ダイニング

たっぷりスペースをとったエントランス


2階の踊り場からみた奥行きあるスペース

窓が多いので、子ども部屋も風通しが抜群


インターデコハウスで建てたきっかけを教えてください。

実は、数年前に郊外で一度家をインターデコハウスの家を建て住んでいました。その家はもう売ってしまったのですが、デコのスタッフさんとはもう長いお付合いになります。
この家は、もともと30年前に建てた実家なのですが、幾度かリフォームを繰り返してきました。今度も大がかりなリフォームをしようと思っていたのですが、母が近所でデコのオープンハウスに行ってすっかりファンになりまして。その家が「アルル」でした。それで、「どうせお金を出すなら、新築しよう」という話になり、アルルの家を建てることにしました。

外観が個性的で、まさに大きな邸宅といったかんじですね。

お客様がこの家を見ると「おおきな家!」と驚くのですが、ここの土地は30坪なんですよ。しかも住宅街の一番奥まった場所にあるので、土地の形が少し変わっていて通常の家のように箱形にしにくい点が気になっていました。狭くなってしまいますから。デコの設計士さんに相談すると、「任せてください! なんとでもできますから」と言って見せてくれたのが、この家の図面です。奥行きがないぶん、正面の面積を大きくして広く見えるようになっています。こんな図面、なかなか思いつきません。ひと目で気に入りました。

間取りはどのような工夫をしましたか

私が気に入っているのは、玄関を入ると奥まで見渡せるようになっていて、奥行きのある家に感じることです。さらにウッドデッキがあるので広く感じられるんです。ウッドデッキは洗濯物を干すのにも重宝していますね。同じように、2階に上がったときもファミリースペースの奥に部屋が見えてとても奥行きのある家に思えます。
1階には、母の部屋として和室を作りましたが和室にいるとホッとしますね。普段は、家族で和室に集まってTVを観ています。


トイレの照明は、アンティーク調のものを探し抜いたとか


インテリアのこだわりを教えてください。

1棟目の家もそうでしたが、私が使い古した感じの家具が好きなので、テーブルやイスも南欧の中古家具のようなものを揃えました。アルルは、ビンテージ感のある床が特徴なので、まさに私好みです。
デコの設計士さんは、家具の置き方も提案してくれました。このテーブルは窓際に置いてあって、窓の外の緑を眺めながら食事をしています。1棟目の家で使っていた大きな食器棚の置き方も、提案通りにするとテーブルと食器棚の位置が絶妙にセンスが良くてまるでカフェのようになりました。今回もデコにお任せしてよかったと思います。

最後に、インターデコハウスの家を考えている方にメッセージをお願いします。

私は、1棟目を建てても「もう一度同じメーカーさんにお願いしたい」と思えました。デコの家はそれほど満足度が高いです。1棟目も6年くらい住んで売却しましたが、査定のときに「6年も経っているとは思えない」と言われるほど劣化していませんでしたよ。



担当者からひとこと

いつお伺いしても、くまなく整理整頓がされていて・・・ホント喜んで住んで頂けてるのが私にも伝わってきます。そうした事もあって他のお客様を、入居者邸案内させて頂く事もしばしば・・・。甘えてばかりで申し訳ございませんが、これからも宜しくお願い致します!