アールの階段を備えたお城のような家

緑まぶしいガーデンに建つ「タスカン グランデ」の家。中に入ると、吹き抜けの広い玄関ホールに、まるでヨーロッパのお屋敷で見る様なアールの階段が。スケールの大きさに圧倒されるM様邸は、奥様の夢が詰まったお城の様なお宅でした。


アールの玄関は重厚感のある石積み仕上げ。

訪れる誰もが歓声をあげるゴージャスな玄関フロア


2階踊り場から見下ろした玄関は、まるで教会のよう。


インターデコハウスに決めたのはなぜですか。

私の実家が田舎の大きな家だったので、子ども達が思いきり遊べる様な広い家に住みたいと思って、夫婦でいくつかの住宅展示場を回りながら探していました。普段から道を歩く時にもいい家が見つかるかなと注意していたのですが、そこでたまたま見つけたのがインターデコハウス高松東店の社長さんのお宅「タスカン グランデ」でした。夫婦ですっかり気に入って「こんな家に住みたい!」と、ホームページで探していてようやくその家がデコの家だと知りました。
オープンハウスに行ったり、デコの社長さんのお宅に行ったりして見学した末に「タスカン グランデ」以外は考えられなくなってしまいました。

一番のお気に入りはどこですか。

吹き抜けの広い玄関ホールです。お客様もまず一番に「すごい!」と声を上げて下さるし、私も仕事から帰ってきてこの玄関に入ると癒やされます。娘のひな飾りを置くスペースにもなります。今はこの玄関に合うアンティークの大きな鏡を見つけて飾っています。 それと、どうしても叶えたかったのが玄関から続くアールの階段です。インターデコハウス高松東店のほうでは今まで作った事がなかったそうなのですが、「なんとかやってみます」と言って、ノウハウを調べて本当に実現してくれました。
主人は、リビングに幅120cmの水槽を置きたいと伝えると、専用の台を設えて掃除がしやすい様隣に小さな手洗い場をつけてくれました。


奥様が熱望されていたアールの階段があるだけで、家の中がお城のように思えます。

1階リビングと吹き抜けでつながる2階のファミリースペース。


アールの玄関には、アンティークの雑貨を置いて雰囲気アップ。

ダブルボウルの洗面所は、清楚なブルーの壁紙が清々しい朝を演出。


間取りのこだわりを教えてください。

1階はおもてなし、2階はプライベートの空間と考えて、お風呂や洗面所は2階に置いています。
2階のファミリースペースは、1階リビングの吹き抜けと繋がっているので子ども達が遊んでいる様子が分かり、リビングでくつろいでいる私達も安心できます。もともとは室内干しのスペースとして用意したのですが、子ども達は広い空間で遊ぶ事ができて喜んでいます。

インテリアのこだわりを教えてください。

昔からアンティークやヨーロピアン調の家具が大好きなので、テーブルやイスも統一しています。また、寝室には嫁入りの際に母からもらったアンティークの化粧台があるのですが、「タスカン グランデ」の家にぴったりだと思います。
他にも、洗面所にローラアシュレイの壁紙を張るなど、あらゆる所に自分好みのテイストを入れていますが、どれもしっくり馴染むのがいいですね。


リビングとダイニングを分けて、生活のメリハリをつけています。

明るい光がたっぷり差し込む吹き抜けのリビング。


最後に、インターデコハウスの家を考えている方にメッセージをお願いします。

インターデコハウスは輸入住宅に特化しているので、素材も本格的でとても安心できました。また、スタッフの方がみんないい人達で、言えばなんでも叶えてくれますし子ども達もなついています。


担当者からひとこと

建物だけではなくエクステリアにもこだわり抜かれていたM様御夫妻。芝生で一面覆われた美しいプライベートテラスでは、天気の良い日に友人&家族で『憩いの場』として活用し、お友達からも大変喜ばれているそうです。私も・・・是非、素敵な空間でくつろがせて下さい!