メロディにあふれる家

自宅でフルート教室を開いている奥様の為に、自宅の2階にレッスン室を設けたK様邸。
彩り豊かなステンドグラスや音符が踊るステンドグラスは、家の中に流れるメロディを表現しています。


レッスン室の明り取りは、オリジナルのステンドグラス。

ローラアシュレイが大好きな奥様の世界観が詰まったレッスン室。


インターデコハウスの家のどこに惹かれましたか。

ずっと輸入住宅を探していて、いろいろなインテリア雑誌を読んでいました。都会のメーカーの家ばかりが紹介される中で、高松にもあるインターデコハウスの家が載っていたのです。さっそく電話をしてオープンハウスに行きました。全体のかわいらしい印象はもちろん、窓やアイアンのカーテンレール、手造り風のタイルなど、細部にわたって本物の輸入住宅だなと感動したのを覚えています。
いろいろなスタイルの家があり迷いましたが予算と箱形のかわいらしさで「プロヴァンス」に決めました。

ご主人様のご意見はいかがでしたか。

私は見た目が気に入ったのですが、主人は反対に性能を気にしていました。そこで、インターデコハウスのスタッフさんに耐震や高気密・高断熱ということや、二重窓なので結露が出来ないという説明をしっかりして頂きました。そこでやっと主人も安全でエコロジーな家だとわかり、夫婦共に納得して家を建てる事になりました。


2階のホールを利用したワークスペース。

奥様がオーダーした白塗りのアイアンアート。


レッスン室があるそうですね。

私が自宅でフルートを教えているので、生徒さんの動線を考えて玄関横にレッスン室を設けて頂こうと思ったのですが、そうなると土地の形状の関係でコの字型になってしまうことに。それもいいかなと思ったのですが、南側に小さな窓しか作れない事になるので、コの字型はやめて南側の大きな窓からしっかり自然光が入る間取りを選択しました。リビングがいつも明るく広々と感じられて、家族3人でのんびりと過ごしています。
レッスン室は2階にありますが、ステンドグラスを音符のデザインにするなど、インテリアで遊んでみました。生徒さんにも好評です。

お掃除はしやすいですか。

3歳の息子がやんちゃ盛りで、リビングの白い塗り壁が汚れてしまったのですが、先日の1年点検でデコのスタッフさんにお願いして汚れた部分を上から塗り直して頂きました。塗り壁は、上から塗ったり拭き取ったり出来るのでいいですね。これが壁紙なら、全面を張り替えることになると思います。

最後に、インターデコハウスの家を考えている方にメッセージをお願いします。


奥様がこの家のためにオーダーしたステンドグラスは存在感抜群です。

家づくりは、決めることが沢山あって、一つひとつに悩んでいると本当に時間がかかってしまいます。打ち合わせにいく前に、好みのインテリア雑誌を参考にしてイメージを固めておくといいですよ。




担当者からひとこと

ご自宅で奥様が『フルート教室』をされているK様邸。室内は、ホワイトベースで統一され、随所に奥様のこだわりが垣間見える作品となっています!敷地内のエクステリアも無事に完成されて・・・より素敵なお宅になっていました。また・・・お伺いさせて頂きます!