手塗りの温かみが溢れる外壁と規則正しく並んだ小さな窓。フランスの片田舎にあるような雰囲気を醸し出した「プロヴァンス」のH様邸。中に入ると、長い洞窟トンネルの向こうにアンティーク調の照明が浮かぶダイニングが見えました。


キッチン・ダイニングは、洞窟トンネルの廊下のほかにママルームとの境界にもアールを採用。より"洞窟らしさ"を演出!

トイレの手洗いを兼ねた作り付けの棚にはタイルを貼ってフレンチスタイルに!


インターデコハウスとの出会いを教えてください。

ずっと前からナチュラル系の家を建てたいと考えていて、家づくりの雑誌を読んでは夢を膨らませていました。家族で家を建てようという話になったとき、ナチュラル系の物件を建てているメーカーを探しましたが徳島県ではなかなか見つからず、家を建てるかどうか決めかねていました。もちろん、インターデコハウスのことは雑誌で紹介されていたので知っていましたが、徳島には会社がないのであきらめていたんです。
そんなとき、ちょうど徳島市内でデコの家の見学会が開催されると知って迷わず見にいきました。雑誌で見たとおりの素敵なお家で、一目惚れして、デコに決めました。」

家づくりで工夫したことはなんですか。

大好きな雑貨を飾るためのニッチをたくさん設えてもらいました。和室をリビングとひと続きにして、つながるようにしたことです。夫は、1階の和室でごろんと寝転んで過ごすのが好きなようです。和室を設けようかどうか少し悩みましたが、家の中でしっかり両手を伸ばして横になれる場所はあったほうがいいですね。

間取りで工夫したことはありますか。

デコの特長である洞窟トンネルをできるだけ長くしてほしい、それが第一優先でした。そのうえ、キッチンの隣にママルームが欲しいとか、トイレの手洗い場に棚を作り付けて欲しいとか、たくさんの要望もあったので、間取りの設計図は何度も書き直していただきました。試行錯誤の結果、要望を満たしつつも、玄関ホールから奥にあるリビング・ダイニングまで洞窟トンネルでつながったので満足です。


洗面所のタイルは、奥様お気に入りのシンプルなホワイトカラーで統一。

奥様の夢だった 洞窟トンネル』。その向こうに見えるアイアンの照明が、フランスの田舎情緒を醸し出しています。

キッチンの隣のママルームは、狭いながらもプライベート感たっぷり!


住み心地はいかがですか。

建築中は見た目ばかりに気が向いていましたが、高気密・高断熱の機能性が高く、夏は涼しく冬は暖かいです。子どもたちも家の中でのびのびと過ごすようになりました。洞窟トンネルの途中にある洗面所の扉やママルームなど、魅力的な場所がいっぱいの様で、よくかくれんぼをしています。

最後に、インターデコハウスの家を考えている方にメッセージをお願いします。

デコの家は、自分なりにアレンジを効かせることもできます。私たちの場合はインテリア雑貨が好きなので、一部は自分で持ち込んだ照明を使っていただきました。インテリアコーディネーターの方がうまく調和するようバランスを合わせてくれたので助かりました。

担当者からひとこと

奥様は新築計画前から『&home』をバイブルとして愛読されており、打合せをさせて頂く時も、手には何冊かの『&home』を持って自分達のお気に入りイメージを伝えて頂いたのが印象に残っているオーナー様でした。
それが…何と7月発売の『&home』に掲載が決定!奥様も大喜び!私達も書店に並ぶのを楽しみにしています。