「プロヴァンス」のモデルホームを購入したM様ご家族。キッチンタイルの一部をホワイト×ブラックに組み合わせたり、リビングに一面だけミッドセンチュリー風の壁紙を張っていたり。プロのコーディネーターならではの合わせ技が効いています。


ご主人の趣味であるバイク用品を並べたテラス

シンプルなホワイトカラーとブラックのタイルを組み合わせたキッチン


壁や棚などホワイトカラーで統一したシンプルなデザインが購入の決め手に!

ご主人の趣味が詰まった造り付けの棚


インターデコハウスのモデルハウスに決めたのはなぜですか。

 長らく社宅に住んでいたので賃貸マンションに移ろうと考えていましたが、いざ探してみると月々の支払い額は家を買うのとそれほど変わらないことが分かりました。そこで不動産屋に相談したら、タイミング良くデコのモデルホームが売り出されていたんです。2LDKと聞いて、うちのような5人家族では窮屈かなと思ったのですが、とりあえず見学しました。それが、今住んでいるこの家です。
見た目の印象がとにかく新鮮で、外の塗り壁はもちろん真っ白な内壁やアイアンの手すり、広いタイルテラスなど、ひと目で気に入りました。我が家は特に雑貨やおしゃれにこだわっている訳ではないので、いつものデコの家よりも、シンプルなデザインだったのがよかったと思います。

モデルホームの良さを教えてください。

 なんといっても、しつらえが一流。階段の手すりはもちろん、カーテンレールもアイアンを使っているし、洗面所やキッチンのタイルの組み合わせにもきちんと工夫されています。多くの人に、「デコの家っていいな!」と思ってもらえるようにモデルホームを建てている訳ですから当然なんですけど。そんなプロの視点で建てた家に悩むことなくそのまま住めるのは贅沢だと思います。


ブルーカラーが効いた洗面所のタイル

アレンジしたところはありますか。

 広いテラスがあるのですが、雨よけの屋根をつけて夫の趣味のスペースにしています。テラスを降りた地面のところに砂利を敷いてバイクを置き、テラスに棚を並べてバイク用品や工具を収納しています。テラスに出て、ここでバイクいじりをするのが休みの日の過ごし方になっていますね。雨の日に洗濯を干すときにも屋根付きテラスは助かっています。

住み心地はいかがですか。

 住んでみて気づいたのですが、無駄だと思えることも実は快適に住むために必要なことなのですね。たとえば、私たちの意思で設計していたら2階に廊下なんて作らずに、階段を上がってすぐ部屋がある、という間取りにしていたと思います。もしくは、人が一人通れるくらいの狭い廊下にするとか。そのぶん部屋を広くすることができますから。けれど、この家は廊下の幅がしっかり広いんです。実際に暮らしていると、そのほうが開放的で居心地がいいことに気づきました。

最後に、インターデコハウスの家を考えている方にメッセージをお願いします。

 デコの家だからオシャレに住まないといけない、なんて気負わなくても大丈夫です。私たち家族はあまり気にせずマイペースにのびのびと暮らしていますから。




ユーモアあふれるM様ご家族。将来は、兄弟が仲良く過ごせるように2階の1部屋を2部屋に分けて使う予定とのこと。

担当者からひとこと

先日のオーナーズイベントに御参加頂き有難うございました。
御主人様のデコイラスト・・・素晴らしいの一言です! あまりにも上手なので・・・私としては、近い将来社長に相談して、HPにて掲載して頂ける様PRしたいと思います!