Decoオーナーライフ - インターデコハウス 高松
新築お宅拝見

デコ太のお宅訪問!第82弾

『おとぎ話に出てくる家みたい』と言われます。

白亜の塗壁が青空に映える「スパニッシュバリエ」の母屋。そのとなりには、手塗りの跡がほどよく残った「ラ・プロヴァンス」の平屋が可愛く建っています。「スパニッシュバリエ」と「ラ・プロヴァンス」どちらの家も建てたい! というM様夫婦の夢が叶いました。


母屋の外観

スタイリッシュな「スパニッシュバリエ」の母屋

なぜバリエーションの違う母屋と離れを建てることになったのですか。

主人が「ラ・プロヴァンス」の洞窟トンネルを気に入り、私は「スパニッシュバリエ」のシンプルな雰囲気がよかったので、2人の夢を叶えるために離れを建てました。
デコで建てるきっかけとなったのも、「ラ・プロヴァンス」の洞窟トンネル。「ラ・プロヴァンス」のモデルハウスを見学したときに、主人の心は決まっていたようです。けれど、家にいる時間が長い主婦としては、「スパニッシュバリエ」の持つ大人の雰囲気のなかで家事をしながら過ごしたかった。
デコのスタッフさんに「半分がラ・プロヴァンス、もう半分がスパニッシュバリエの家を建ててください」と言ったくらいです(笑)。そんなこともあって、デコの方の提案で、予算をやりくりして「ラ・プロヴァンス」の離れを建てることになりました。離れを主人の仕事場にしているので、主人は大喜びですよ。

離れの外観

離れを見た友人には「おとぎ話に出てくる家みたい」と言われるそうです

キッチンカウンター

母屋のキッチンカウンターを照らす照明が幻想的


奥様は、「スパニッシュバリエ」で建てた母屋のこだわりを教えてください。

外壁も内壁もできるだけシンプルなホワイト系でまとめています。キッチンカウンターにはブラックのシャープなタイルを選びました。壁には大好きなラッセンの絵画をかけていて、ライトアップ用の照明も設えました。キッチンに立つと正面に絵が見えるので癒されますね。キッチンカウンターの下には、ワインセラーを置いています。もちろん、カウンターの高さはワインセラーに合わせてもらいました。

キッチン

毎日キッチンから眺める絵画は奥様のお気に入り

ラッセン

大切にしているラッセンの絵画を専用照明が照らします

ご主人は、「ラ・プロヴァンス」で建てた離れのどこがお気に入りですか。

洞窟トンネルのために建てたようなものなので、小さな平屋ながら洞窟トンネルを最大限の長さにしました。壁の塗り跡のおかげで深みが出たと思います。それと、カーテンはちょっとかわいらしいプリント柄なのですが、これはオープンハウスで見たときに「いいな」と思って決めました。見本を見たときの印象と、実際に家にかけられたときの雰囲気は大きく違うと思います。
もしかしたら、将来この離れに母が住むことになるかもしれないので、トイレやキッチンなど、生活に必要な設備を整えています。

寝室

寝室のバックヤードは衣装ルームとなっています

家づくりの思い出を教えてください。

オープンハウスへ行くたびに、インテリアなどの細かいところまで見て、いいところはすぐに採用しました。
また、図面だけではなかなか間取りや広さのイメージが沸かなくて、工事前に土地へ行って宅地面積の寸法に合わせて線をひいてみたんです! けれど、実際に建ってみるとリビングも部屋も十分の広さです。今となれば笑い話ですが、私たちはそれだけ家づくりに真剣だったのですよね。

最後に、インターデコハウスの家を考えている方にメッセージをお願いします。

インターデコハウス以外で気になるハウスメーカーさんがあれば見学して、比較した上で決めてください。また、デコの場合はほぼ毎月オープンハウスがあるので、欠かさず行ってオーナーさんの話を聞いてみてください。インテリアの工夫やこだわりが聞けてすごく勉強になりますよ。

洞窟トンネル

ご主人の願望が叶った、離れの洞窟トンネル

仕事部屋

プリントカーテンがかわいい、離れの部屋はご主人の仕事部屋

キッチン

こぢんまりとしたかわいらしさが離れのキッチンの魅力


担当者からひとこと

R型バルコニーが特徴の『スパニッシュバリエα』と不思議な懐かしさを感じさせる『ラ・プロヴァンス』平屋スタイルが2棟並んで建っているM様邸。デコでは1・2位を争う程の大人気作品を一度に2棟建てられた唯一のオーナー様。その風景は外国に来たような気分!奥様こだわりの『絵画観賞用スペース』に飾られた絵画をまだ拝見出来ていないのが残念です。是非近いうちに・・・見せて下さいね。