新築お宅拝見

デコ太のお宅訪問!第59弾


インターデコハウス高松東店の施工責任者として、数多くの家づくりを手がけてきたMさんが、これまでの技術とセンスの粋を集めて建てた自宅が、「パラチーナ・リゾートスタイル」の家。バリアフリーの機能性と大人のセンスを兼ね備えた家のあちこちに、デコならではの工夫が凝らされていました。


外観
ドーンと構える外観。南側に窓が多いので、家のなかはいつも明るい雰囲気

バリアフリーの家づくりをする
ポイントを教えてください。

もともと、祖父と暮らすために建てた家なので、バリアフリーであることは必須条件。
玄関は広くしてスロープを造り、車椅子で出入りできるようにしました。
また、親戚で集まれるように1階に2間続きの和室を作りそこを祖父の部屋としました。
僕の部屋は2階ですが、夜中に祖父がトイレに立ったとき廊下の明かりが僕の部屋まで漏れるようにするためガラスブロックをはめ込みました。

玄関
玄関の車椅子用スロープは、とても上品
和室
2間続きの和室は、デコでも珍しいそう

リビング(全景)
ホテルのロビーを思わせるリビング

デザインでこだわった点を
教えてください。

祖父は和風を好みましたが、僕はリゾート感にビンテージ感を加えて非日常的な大人の雰囲気を演出したかったので、2人の希望をいかに違和感なく実現するかがテーマでした。
1階リビングは、思い切り僕の好きなイメージにしました。天井を高く吹きぬけにして、バーカウンターも作りました。生活感をなくすため、ストックルームを別に作るなど工夫しましたよ。
そして、祖父の和室に続く廊下にリビングのテーマカラーと同じダークブラウンでデザインは和風の家具を設けるなどして、和のテイストとうまく融合させることができました。

バスルーム
開放感あふれるバスルーム

家の中で一番お気に入りの場所を教えてください。

実は、この家の一番楽しいところはバスルームなんですよ!
いつも帰りは深夜なので、お風呂ではゆっくりしたいと思って、スピーカーを設置しました。そして、お風呂の低い位置に窓があって、そこから坪庭を眺めることができます。普通なら隣家から見えてしまうので目隠しの格子を作り、なおかつその角度を工夫して日光がやさしく降りそそぐようにしています。休日の楽しみは、昼間にお風呂に入りながら大好きな音楽を聴くことです。

生活スタイルはどう変わりましたか。

家の中で仲間と過ごす時間が増えました。近所の居酒屋で食事して、2次会はうちのリビングで好きな音楽を聴きながらお酒を飲みます。友人たちは、「バーよりも居心地がいい」と喜んでくれます。
リビングの吹き抜けから星を見たり、2階にあるインナーバルコニーで風に吹かれたり、家のなかで楽しんでいますよ。
また、バンドをやっているので、ゆくゆくは2階に防音機能を施して練習ができるようにするつもりです。

バルコニー

安心感のあるインナーバルコニーは、茶室にならい天井を低くしています

バーカウンター

友人が来ると、リビングのバーカウンターでもてなします

バーカウンター

吹き抜け部分は大きく、梁を渡せば将来2階に部屋を増設できます


寝室
書斎の奥に寝室があり、より落ち着ける雰囲気に

最後に、インターデコハウスの家を考えている方にメッセージをお願いします。

今までたくさんのお客様の家づくりをお手伝いさせていただき、なおかつ自分も家を建ててみて実感したのですが、「直感を信じて欲しい」です。家づくりは、細かい決め事が多くて本当に迷います。ただ、迷った挙句に最初の考えに戻り、結果的に満足する方が多いです。自分の場合もこだわりきっただけに、まさにそうでした。
それと、デコができることはたくさんあります。たとえば、業界で難しいと言われている「壁を曲面にする」ことは、かねてからの夢でした。僕も実現できたので、みなさんもぜひ夢を叶えてください! お手伝いさせていただきます。


担当者からひとこと

弊社工務担当M社員が今回のオーナー様です。
今まで様々なお客様の家作りに携ってきた経験をフルに活かし、自分なりの『こだわり』を形にした究極の作品となりました。お洒落な中に重厚感を感じる室内空間が特徴で特にゴツゴツした表情豊かなムク材の床材はM社員お気に入りポイント!また今後はエキゾチックなエクステリア工事の計画を予定しているそうなので、今から完成を楽しみにしています。