デコレポ
デコ太のお宅訪問! 第52
やさしいクリーム色の爽やかな外観が目を引くイングリッシュバリエ・コロニアルαのK様邸は、2世帯住宅。シンプルなデザインはそのままに、息子さん夫婦と仲良く暮らすための工夫がところどころに散りばめられていました。
 

デコのモデルホームを最初に見たときの印象は?
2世帯住宅なので、それぞれの家族が納得できる家を探すことが最優先。インターデコハウスの場合は、私も嫁も同意見でキッチンや洗面所のタイルが気に入りました。最初にモデルホームを訪れたとき、嫁が玄関の柱を見て「宮殿みたい!」と、喜んでいたのが印象的です。他のメーカーが建てた洋風の家もいろいろ見て回りましたが、やっぱり最後はデコの家が気になって・・・。しまいには、デコが建てたのとそうでないのが分かるくらいにまでなりました!


外観だけでは2世帯住宅とはわからないのがいいところ


お嫁さんのキッチンは、シンプルさにかわいさをプラス

共用の洗面所は、ブラウン調で統一 2世帯ならではのこだわりを教えてください
基本的に、1階が私たち親夫婦の空間と洗面所・バスルーム、2階が息子夫婦の空間になっています。洗面所には廊下と私たちの寝室2方向から行けるようになっているので、息子たちのお客様が来られたときにも、私たちは気兼ねなくお風呂に入れます。また、老後のことを考えると寝室と洗面所が直結しているのは便利ですね。それと、キッチンは1階と2階別々に設えています

住みはじめて気づいたことはありますか。
実は、私たちがデコに決めたのは、その機能性の高さなんですよ。機密性の高さや24時間計画換気など、いろいろ話を伺って主人も息子も全員が納得して決めました。 実際に住みはじめると、思った以上に快適です。入居したのが真夏だったのですが、エアコン1つで1階が涼しかったです。それと、窓を開けていないのに家の中にいると空気の流れのようなものを感じるんですよ。これが、24時間計画換気なのかぁって(笑)。一方、冬はというと、フローリングの床が冷たく感じませんでした。「百聞は一見にしかず」ですね。


2階のリビングは、2部屋に仕切れるように設計。将来の子ども部屋になります
夕食は、4人そろって1階のリビングで食べることが多いそう

お母様のキッチンは、お気に入りのパイン材の食器棚にあわせてカントリー調に
打ち合わせはどのように行いましたか。
2世帯の要望が必ずしも一致するとは限りませんし、図面を見ながらの話し合いだとやりとりがあいまいになりがちですが、インターデコハウスのスタッフさんは、とても熱心に対応してくださったので助かりました。毎回、話し合った内容をメモして最後に「今回はこういう話になりました」というサインをします。また、私たちの質問や要望もすべてメモに書いて、近日中に必ず調べて回答してくれたのでとても安心できました。スタッフさんの一生懸命さには感心しきりです。


キッチンの照明が放つ模様に癒されます

2世帯で同居してよかった!と、K様ご夫妻

最後に、インターデコハウスの家を考えている方にメッセージを
お願いします。
見た目のかわいさに気が引けてしまう方もいらっしゃるのではと思います。でも、実際は『素晴らしい機能を誇る家』がデコなんだとつくづく感じました!

   
 

担当者からひとこと  
第1号モデルホームグランドオープンにお母様が御来場して頂いた時からの
お付き合いで・・・何と5年8ヶ月にもなりました。ホント月日が経つのって早いものですね。お母様情報では、奥様が今熱心に花壇を作成されていらっしゃるとの事…完成した際には是非御伺いさせて頂きます!