デコレポ
デコ太のお宅訪問! 第42弾
手塗りのぬくもりあふれる外壁とラ・プロヴァンスならではのかわいらしさを活かしたRさん邸。完成以来、近所の小学校から登下校する子どもたちから羨望のまなざしを集めています。中に入ると、居心地の良い空気感が漂います。そこには、光の入り具合、換気など、計算しつくされた配慮が見えました。
 

インターデコハウスを知るきっかけを教えてください。
最初は、家づくりにこだわりがなく、イメージもなかったんです。まずは手軽なネット検索から初めようと、夫婦でいろいろなホームページを見ていたら、たまたまデコにヒット。夫婦で「こんな家が建てられたらいいね」なんて話しながら調べたら、香川県にもデコのモデルホームがあると知って、すぐに見学に行きました。場所を確認してみると、今まで通りがかるたびに「いいなあ」と思っていたモデルホームだったんです。
その日から、他のメーカーさんで家を探すことはやめました。モデルホームと同じラ・プロヴァンスの家を建てることしか考えられなかったんです。


明かり取りの役目も果たすガラスブロックがかわいいアクセントに


玄関からリビングを通って2階へ。家族の絆を結ぶ階段です

家づくりはどのように選んだのですか。
もともと家を建てることに対して現実的に考えていなかったので、すぐに予算を出して、その中でできることを提案していただきました。提案していただいたデザインや間取りを見ると、「ここまでできるんだ!」と感動することばかり。夫婦そろって気に入って、すぐに「これいいね!」と意見が一致しました。
大きな要望といえばリビング階段です。これは、家にお招きした主婦友達に大好評なんですよ。満足いくよう建ててもらったのに、予算がオーバーしなかったのもよかったです。
ご夫婦それぞれのこだわりを
教えてください。

主人の要望で、タバコを吸っても汚れが目立たないように内壁を濃い目のブラウンにしてもらい、手塗りの味をしっかりと出してもらいました。温かみがあって気に入っています。私はというと、キッチンの奥にママルームを作ってもらいました。実は、ママルームには簡易の机とイスのほかに冷蔵庫を置いています。タイルキッチンの雰囲気に無機質な冷蔵庫は合わないので、リビングやダイニングから見えないように隠すように設計しているんです。1階を広く使うため、リビングとダイニングがひと続きになっているので、リビングから見えるキッチンにも気を遣いました。

リビングとダイニングはフローリング。キッチンはテラコッタタイルでお掃除ラクラク

リビングから見える洞窟トンネルは、デコならではの内装

住み始めて気づいたことはありますか。
「恋は盲目」と言いますが、見た目に惚れ込んでいたので、建設前はとくに細かいことにはこだわりませんでした。デコの担当さんが提案してくれたことを基本に家を建てたのですが、いざ完成して住み始めてみると、すごく居心地がいいんです!階段のガラスブロックから光が差し込んで明るいし、窓が南北にあるので、そよ風が気持ち良くて夏の夕方はクーラーいらず。また、窓ガラスが厚いので雨の音も聞こえないくらい静かです。
家族みんなが居心地の良さを感じていて、主人は休日も家にいてくれるし、子どももリビングでのびのびと過ごしています。

「家を建ててからインテリアを楽しむようになった」と奥様


お子様も初めての自室がうれしくてたまらない様子


2階は、洗濯機のある洗面所からすぐにバルコニーに出ることができ、便利!


わんぱくざかりの小学2年生も、この家がお気に入り!
最後に、
インターデコハウスの家を
考えている方に
メッセージをお願いします。
私たちは見た目のかわいさだけで選びましたが、住んでみて初めて機能性に優れていると実感しました。見た目で選んで正解!でした
   
 

担当者からひとこと  
R様御夫妻が『ラ・プロヴァンス』モデルホームにお越し頂いた日の事…今でもはっきりと覚えています。御主人様がリビングのソファに掛けられて、『何か妙に落ち着くなぁ…』と笑顔でおしゃられたのが特に印象的でした。後で教えて頂いたのですが…すでにあの時『ラ・プロヴァンス以外の家は考えられない!』と御夫妻共思われたのだとか…。そんな赤い糸で結ばれた『運命的な出会い』に遭遇させて頂いた私。これからも末永くお付合いさせて下さいね!