デコレポ
デコ太のお宅訪問! 第40弾
味わいある塗り壁と、小窓には深いグリーンのオーニング。一見すると、まるでフランスの街角にあるようなカフェのよう。Hさん邸は、南仏をイメージしたラ・プロヴァンスに、奥様のセンスをふんだんに盛り込んだお宅です。
 

グリーンのオーニングが印象的。カフェと間違えるのも納得!

落ち着きのあるシャンデリアがリビングをやさしく照らします
インターデコハウスに決めたきっかけは何ですか。
小さい頃から「将来は童話に出てくるような家に住みたい」と思っていたので、最初から輸入住宅を探していました。デコのモデルホームを見学したとき、私は感動したんですけど、主人が乗り気でなくて…。デザイン性が高いぶん、性能は劣るのだろうと思っていたみたいです。でも、担当さんから、高気密・高断熱、さらに水害に備えて基礎を高めに組むなどの話を聞いて「デザインも性能もいいんだ!」と納得。最後は、デコともう1社にしぼったのですが、私の夢だった小窓のオーニング(日よけ)について質問したとき、もう1社のほうはオーニングのことを知らなくて。でもデコの担当者さんは「つけられますよ」と即答。それが決め手でした。

吹き抜けにアイアンを使用してよりおしゃれに!


寝室は、ブラックのクロスとシャンデリアでラグジュアリー空間を演出!

家づくりはどのように
進めましたか。

昔からヨーロッパの住宅が載っている本や雑誌を読みあさっていましたし、フランスを旅行したとに、街角に並ぶカフェのおしゃれさにあこがれていました。だから、私の頭の中ではっきりとしたイメージがあったんです。担当さんには、切抜き写真を見せて細かいインテリアまでオーダーしましたよ。アイアンや2階のクロスなど、コーディネーターさんが何パターンも提案してくれたのですが、それほど迷わず好みのものを選ぶことができました。
インテリアのこだわりを
教えてください。

落ち着きのあるシャンデリアや、アイアンを多用してヨーロッパの雰囲気を演出しました。また、リビングは吹き抜けにして明るい雰囲気にしています。塗り壁も明るく見えるようアイボリーですが、味のある濃い目の色にも興味があるので、将来は濃い目の色に塗り替えてもらうのもいいなと思っています。それと、壁にはデザインシールを貼りました。自分で探してきたシールを、デコのコーディネーターさんに手伝ってもらって貼ったのですが結構大変でした。

ダイニングには、カフェにありそうな黒板をかけて…

アイボリーの塗り壁になじむデザインシールがセンス抜群!

手描き風なデザインがかわいい洗面ボウル!


トイレのクロスは、配色を工夫してパリ風に
家に住み始めてから、
印象に残る出来事はありましたか。

引っ越した翌日、カフェと間違えて来られた方がいました(笑)。大きな事件では、私が風邪で寝込んでいる間に娘が家中に落書きをしてしまったことです。壁もテーブルの上もカーテンも、ありとあらゆるところがもう真っ黒! 特に塗り壁はどうにもならないと思って、デコの担当さんに泣きついたんです。半ばあきらめていたんですが、担当さんはすぐに来てくれて、きれいに直してくれました。本当に助かりました。

キッチンのタイルは、オレンジにブルーを組み合わせてポップに
最後に、
インターデコハウスの家を
考えている方に
メッセージをお願いします。
思い描いたものを伝えれば、きっと形にしてもらえると思います。安心してお任せできますよ。
   
 

担当者からひとこと  
奥様一番のこだわりである、『お店みたいな家に住みたい!』との御要望から、家作りの計画がSTARTしたH様邸。今では、お店と間違って人が尋ねて来る事もあるのだとか・・・スローライフを満喫していらっしゃる奥様は、これからお庭もドレスアップを計画中なのだとか・・・異国空間たっぷりのお庭になりそうで・・・出来上がりがとても楽しみです。