デコレポ
デコ太のお宅訪問! 第32弾
 あらゆるデザインを駆使した住宅が建ちならぶ新興地。そのなかでも、正面のアルコーブが魅力的なOさん邸は、リゾート地に似合う高級感を漂わせています。中に入ると、リビングからせり出したアルコーブに白のカリモクチェアが置かれ、アートの空間を演出。そこでは贅沢な時間が流れていました。
 
インターデコハウスに
決めるまでのいきさつを
教えてください。
家を建てようと決めたときに、それこそ県内のあらゆるハウスメーカーまわりました。あるとき、主人が、インターネットの事例集でアルコーブ付きのリビングを見つけてひと目で気に入ってしまって。その家を建てたのがインターデコハウスだったのですが、当時はまだ高松に支店がなく、やむなく他のメーカーを探しました。でも、どこも条件が合わなくて…。そして1年後、たまたま通りすがりにデコの高松東店を見つけて、すぐに飛び込んだんです。「家を建てたいんです!」って(笑)。

正面から見ても、一目瞭然の高級感。海が近いので、災害予防に土台を高くしています

アルコーブのスペースには、奥様の大好きなカリモクチェアが

玄関からは階段の手すりがほどよくリビングを目隠し
アルコーブリビングの
居心地はいかがですか。

本当は、事例集で見たとおりに家の横側につけたかったのですが、土地の関係で正面になりました。でも、結果的にはそれでよかったです。他の家と違う、というのが分かりやすいですし。それになにより、家の中が明るいです。南側にアルコーブがあるので窓から陽光が差し込んで昼間は電気いらず。自然の明るさのなかで過ごすと気持ちいいですね。また、リビングが広いと本当に快適。主人は、みんなが寝静まったあとに大型テレビでDVDを観るのが楽しみなんです。

インテリアでこだわったことは
ありますか。

オープンハウスでいろいろなお宅を見せていただいて、家具でも雑貨でも気に入ったのがあると、デコの担当さんを通してどこで手に入れたのかを教えてもらいました。ライトや、雑貨の飾り棚などは、過去に登場したプロヴァンスのお宅で教えてもらって購入したんですよ。デコで家を建てるみなさんは、とってもセンスがいいので、オープンハウスはとても勉強になりました。

オープンハウスで見つけて思わずどこで買ったか聞いてしまった、というライト

これも、オープンハウスで気に入って手に入れた飾り棚


アルコーブひとつで、リビングでの生活がとびきり贅沢なものに変身
これからこの家をどんな風に
アレンジしていきたいですか。

住み始めて1年経ちますが、インテリア雑貨は私の好きなナチュラルテイストでまとめています。これからは、庭に芝生や砂利を敷いて木を植えようと思っています。ちょうど今、デコの担当さんに相談をしていたんですが、家のシンボルツリーとしてシマトネリコとオリーブの木を植えようという話で盛り上がっていました。家づくりの間、たくさんの提案をしてくれたうえ私たちの注文に柔軟な対応をしてくれたので、家が建ったあとも長いお付き合いをしていこうと思います。

「大きな鏡を」という奥様の願いが実現したホテルさながらの洗面所

キッチンには、お気に入りのキッチン雑貨を並べて

わんぱく盛りのボク。壁に落書きをしてしまったけれど、拭くだけで消えたので怒られずに済んだ!?
 
 

担当者からひとこと  
奥様は、大の雑貨好き。玄関を入ると御自慢の雑貨達が真っ先に…目に飛び込んできます。
また、カーテンや照明の色などにもこだわりたっぷりで、奥様ならではのセンス溢れるお住まいに・・・素晴らしい!
入居後、エクステリアなどさらにドレスアップされ、ますます進化するO様邸・・・私も楽しみです。

 
 
最後に、インターデコハウスの家を
考えている方にメッセージを
お願いします。
塗り壁の家は高いのでは?とお思いかも知れません。私たちもそう思っていましたが、インターデコハウスなら標準仕様並みの価格だと思います。アルコーブ付きのリビングも、インターデコハウスの得意分野だからこそ実現したのだと思いますよ。

9月末には無事にシンボルツリーも設置完了!