デコレポ
デコ太のお宅訪問! 第14弾
 新婚旅行でバリ島を訪れてから、その雰囲気にすっかりトリコになってしまったというFさん夫妻。二人のテーマはマイホームに南国バリのテイストを取り入れること。こうして南国風と南欧風が見事に融合した、個性的なデコハウスが完成しました!
 


どうしてマイホームをインターデコハウスに?
「友人が建てたデコハウスに遊びに行ったのがきっかけになりました。そこで妻がキッチンや洗面所など内装をとても気に入って、もともと僕も塗り壁の家を建てたいという希望があったので、他社も含めてインターデコを検討することにしたんです。見積もりをとった際、予算の範囲内で自分たちの希望を実現できるようにしてくれたのが決め手になって、インターデコで家を建てることにしました」

チョコレートケーキのようなカワイイ外観に、
南国風のエクステリアで彩られた広い庭は、遠くからも目立つ存在。

落ち着いた照明や空間の端々に置かれた植物が、
安らぎ感を演出。



寝室は海外直送のアジアン家具や
雑貨でバリ島テイストをギュッと凝縮。
「スパニッシュバリエα」に「タスカン・グランデ」を取り入れたデザインに決めた理由は。
「スパニッシュバリエにするかタスカンにするか迷いましたが、打ち合わせで、外観が好みのスパニッシュバリエをメインに、所々タスカンのパーツを取り入れることに。手持ちのアジアン家具や雑貨を南欧風の雰囲気とミックスさせたかったので、アジアンに一番合っていると思うタスカンのパーツを選びました。また、一部にはラ・プロヴァンスの部材も加えてもらうなど、おいしいとこ取りな(笑)内装になっています」


南国リゾート風の個性的な仕上がりですが、こだわった所はどこですが?
「特にこだわったのは、南国をイメージしたタイル貼りのバスルームですね。湯船に浸かった時、専用の庭が見えるように窓の位置を調節しています。また、寝室は照明や家具、天井の梁などすべてに大好きなバリの南国感漂う自慢の空間です。あと、妻はトイレにこだわっていて、いろんなお店のおしゃれなトイレを参考にしてイメージを伝えていました。もちろん生活動線を考えた間取りや、ウォークインクローゼットを広くするなど収納も工夫しました」



インターデコハウスの提案したエクステリアの出来はいかがですか。

「文句なしの出来です! 外構もやはり南国のイメージにしたいと希望していたのですが、それにインターデコ側からのアドバイスも取り入れ、結果的に大満足の庭になりました。私たちの要望だけを押し通していたら、きっとこんなにいい庭はできなかったと思います。これからはヤシの木や花をもっと増やして、家族でバーベキューができるように整えていきたいですね」


最後に、これからインターデコハウスの家を考えている方へのメッセージをお願いします。

「『これだけはゆずれない!』『ここはこんな風にしたい』など、思っていることを細かい部分まで伝えることで、妥協のない家づくりができますよ。インターデコはこちらの要望をきちんと聞いてくれる上、提案力も頼りになるので思い描いた以上の住まいが実現できると思います」

 
 

担当者からひとこと
F様は「スパニッシュα」&「タスカン」の大ファン!「スパニッシュα」のテイストをベースに「タスカン」のお気に入りポイントをふんだんに採用。しかも御夫婦が思い描く南国イメージまで付け加えていくなど…20回を超える詳細な打合せによって、今までとは一味違う素敵なF様こだわりのお住まいが完成!私自身、デコに対して思い描く『かわいい』イメージが大きく変わった、とても印象深い一邸となりました。