デコレポ
デコ太のお宅訪問! 第9弾
 扉を開けて一歩中に入れば、そこはまるで絵本から抜け出たような空間。Kさん夫妻が建てたのは、家具や雑貨を集めることが趣味の奥様のこだわりが、隅々まで生きたデコハウス。統一感のあるインテリアが、訪れる人の目を楽しませてくれます。
 


数多くのハウスメーカーの中から、インターデコハウスを選んだ理由は。

「もともとマイホームは輸入住宅にしたいなと考えていました。インターデコハウスはインターネットで知ったんですが、私が建てたい家に持っていたイメージにすごく近かったんです。それからモデルハウスやオープンハウスに行って実際の雰囲気を見て、日本の住宅にはない外観、内装、仕様がとても気に入りました」
家づくりに関して、特にこだわったところを教えてください。
「手持ちの家具に合わせて内装をコーディネートしたかったので、壁紙や照明の位置はもちろん、洗面所やトイレにもこだわりました。建設中は毎日ここに来て、どんな感じになっているかチェックしました。だんだんと家ができていく途中で、キッチンの梁や壁にはめ込んだステンドグラス、階段の壁のくり抜きなどを追加してもらいました」

白を基調とした空間に、奥様こだわりのインテリアが見事にマッチ。家具も白色のものが多く、統一感がある。


テーブルに合わせて照明の位置を調整したダイニングルーム。タイルのカウンターもお気に入り。

ダイニングのシャンデリアとキッチンの照明は、
奥様が持ち込んだもの。特徴的なシルエットが目を引く。


これから、この住まいをどのようにしていきたいですか
「庭ではガーデニングもやりたいし、家の中にまだまだ家具が少ないので、徐々に増やしていきたいです。明日は新しく購入したカップボードが来るんですよ。ほかにも欲しい家具がたくさん! これからも“見せる空間”を意識して、居心地のいい場所づくりをしたいと思っています」


階段の途中にあるステンドグラスとくり抜きも、こだわった部分。


玄関から1番目立つ所にお気に入りのステンドグラスをセット。

洗面所にもアンティークの雑貨を配置。中世フランスのような雰囲気が漂っている。

これからインターデコハウスの家を考えている方へのメッセージをお願いします。
「一度取り付けたら変えられないものの位置は、事前によく検討しましょう。あと、建設中に変えたい部分がでてきた時は、こちらのやりたい事をメーカー側にしっかり伝えることが重要。お互いに細かいところまで内容を確認することが大事です。そうすれば、こだわりをカタチにすることができますよ!」

 
 

担当者からひとこと 
お引渡ししてから1ヶ月後、点検でお伺いさせていただいたのですが…。奥様の今まで集めてこられた花柄の小物や家具で家中が埋め尽くされ、おしゃれな雑貨屋さん? に変ぼうしていました。奥様がうれしそうに小物たちを並べられている姿を見て私自身デコで建てて頂き本当に良かったと感じております。現在外構を計画中です。K様らしいこだわりの作品が完成されるのを今から楽しみにしております。