デコレポ
デコ太のお宅訪問! 第3弾
 自然豊かで海の見える場所にあるGさん邸。キュートな雑貨やカントリー調のインテリアでコーディネートされた空間は、まさに「カワイイ!」のひと言! 絶好のロケーションとも見事にマッチし、そこだけ南仏の時間が流れているようでした。
 

県内にも数々の住宅メーカーがありますが、どうしてデコハウスに?
「もともと主人も私も、家を建てるならヨーロッパ風のデザインで、と決めていました。それを前提に住宅メーカーを検討したんですが、インターデコハウスは、まさに私たちのイメージとピッタリ! 外観や内装もステキで、タイル貼りのキッチンや洗面台もすごく魅力的だし、もうここしかない!って思いました(笑)」


家族の絆が深まるような
設計にされたとのことですが。

「小さな子どもがいるので、1階部分はドアで部屋が仕切られていないワンルーム仕様にして、キッチンからリビング、ダイニング、テラスなどが見渡せるようにしました。食事の用意をしていても、子どもが今どこで遊んでいるのかすぐに分かるし、いつでも家族が身近に感じられて安心できるんです。また、2階への階段は、子どもが大きくなってもコミュニケーションがとれるようにと、リビング階段にしてもらいました。あと、家を持ってから、休日には家族で雑貨を買いにいったり、日曜大工をしたり、今までよりもいっそう家族と一緒にいる時間が増えましたね。とても楽しくて幸せな時間を過ごせています」


イエローの塗り壁と、ナチュラルなテラコッタタイルが温かな印象のリビング。



清潔感のあるブルーのタイルを使った洗面台は、使い心地もGOOD!

デザインや機能性などでこだわったところ、気に入っているところを教えてください。
「デザイン的なところでは、タイル貼りのキッチンや洗面台はもちろん、壁のガラスブロックもおしゃれで気に入っています。私たちは壁に何ヵ所か飾り棚を取り付けてもらったんですが、これが特にお気に入りで、好きな雑貨を置いて、南仏の雰囲気づくりを楽しんでいます。他にも光の広がり方に特徴のある照明や、取り寄せてもらった玄関前のタイルなど、細かいところもこだわりました。機能性では、段差のない造りなので、子どもがつまずいたりしないのがいいですね。それと、タイルを使っているのに、とても温かいということに驚きました。冬でもエアコンの温度は16度くらいでOK。1階にエアコンは1台だけなんですが、本当にそれで十分なんです。さすが高性能の家だなと(笑)。デコハウスは高気密・高断熱なので、これからの季節も快適に過ごせそうです」



 

これからインターデコハウスの家を考えている方へのメッセージをお願いします。
「ヨーロッパテイストの住まいを考えている人なら、ぜったいオススメです。いろんなバリエーションがあるので、自分に合ったタイプを選ぶのも楽しいし、よく分からないことがあれば、どんなことでも担当者の方に聞くのが1番。完成度の高い家づくりのためには、担当者の方とよく話し合って、自分たちの要望をきちんと伝えることが大切だと思います。デコハウス完成後も、インテリアやエクステリアなどを自分たちでアレンジしていけば、より愛着のあるマイホームになりますよ!」

 

 
 

担当者からひとこと  
ご来場いただいた当初よりラ・プロヴァンスをご指名いただき、ご一緒に実際の新築のお宅を広島までご案内させていただいてから7ヶ月。ご夫婦のこだわりがいっぱいつまった印象深いお宅が完成しました。南欧民家のカントリーテイストがお好みで、打ち合わせさせていただいている私たちも楽しくなる建築の日々でした。新居は通りがかりの方が立ち止まって見上げられるときもあるようで、ご夫婦の人柄を表している印象的なお宅になりました。これからはガーデニングをご自身で作られるとのことで、出来上がりが今から楽しみです。